はちみつレモンのうれしい効果とは

スポンサーリンク

はちみつレモンと言えば、いかにも体に良さそうな組み合わせの飲み物で、飲んだことのある人も多いかもしれません。

しかし、実際のところ、どう体にいいのでしょうか。そこで、はちみつレモンの効果について調べてみました。

はちみつレモンの効果としてまずあげられるのは、新陳代謝を活発にしてエネルギーの消費を増やすということです。

はちみつレモンの糖分の大部分がブドウ糖と果糖です。

これらはともに、飲むとすぐに胃腸に吸収されエネルギーに変わるという特徴があります。

また、はちみつには体と脳を目覚めさせて代謝をアップするビタミンB群とミネラルがたくさん含まれています。

寝る前に飲めば、寝ている間に脂肪を燃焼する効果を得られます。

次に、レモンに含まれるペクチンは、腸内で乳酸菌を増やしてくれる効果があります。

また、ペクチンは食物繊維なので、腸内をきれいにしてくれる効果もあるのです。

便秘解消にも一役買ってくれます。

さらに、レモンに含まれているエリオシトリンは、ポリフェノールの一つで高い抗酸化作用があると言われています。

これは、レモンの皮に多く含まれているため、皮ごと漬けるはちみつレモンで、多く摂ることができるのです。

このポリフェノールは、血液中の悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、老廃物を体外に排出してくれます。

動脈硬化を防ぐ働きもしてくれるすぐれものです。

また、レモンにはビタミンCが多く含まれています。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促す働きがあるため、そばかすやシミを防いでくれる効果も期待できます。

このように、脂肪燃焼や代謝のアップという健康面での効果と、便秘解消や血液サラサラ、美肌という美容面での効果があわせて得られるのです。

このように体にいいことばかりなのですから、飲まないわけにはいかないでしょう。

スポンサーリンク
Instagram
Instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です