セラミックスのフライパンでハンバーグを作った結果

スポンサーリンク

前々から欲しかったセラミック製のフライパンをホームセンターで買ってきたので、今回はそれを使ってハンバーグを作ってみました。

その結果、すごいジューシーな肉汁がたっぷり溢れ出るハンバーグが完成!

パッパはステンレスのフライパンを愛用していたため、セラミックスも特に問題なく扱えました。

ただ、ステンレスとの大きな差は予熱かな。

ステンレスの場合は中火でしっかりと予熱しないといけないのに対し、セラミックスは予熱を必要としません。

熱伝導が高いので30秒以上予熱しないで下さいって注意書きがあるほどに!

基本的にセラミックスのフライパンは油を薄くひいたら予熱なしで弱火〜中弱火くらいで使うのがうまく使うコツです。

遠赤外線の効果なのか、実際に火の通りはすごい早いです。

弱火だけでハンバーグ焼いた場合って15分ほど蒸し焼きしても中が生っぽいことがあったのですが、今回は6分ほどで中までしっかりと火が通ってました。

なのに中までジューシー!電気代も節約できて料理も美味しくなるっていいことづくめですね♪

そんなジューシーなハンバーグの作り方

材料

  • 合挽肉300g
  • 豚ひき肉70g
  • 豆腐1丁
  • シメジ1袋
  • 玉ねぎ2個
  • 卵1個
  • 塩コショウ
  • 牛脂1個
  • 小麦粉少々

作り方

  1. 玉ねぎをみじん切りにして牛脂を入れたフライパンで炒める
  2. シメジをみじん切りにして、玉ねぎが透明になってきたら加えて炒める
  3. 玉ねぎが飴色になったら火からおろす
  4. ボールに塩コショウを入れる
  5. ボールに合挽き肉と豚ひき肉を入れて白っぽくなるまで手早く練る
  6. しっかりと水を切った豆腐と卵を入れて手早く練る
  7. 冷ましておいた玉ねぎとシメジを炒めた物をボールに入れて全体的に混ぜ合わせる
  8. ハンバーグ型に成形して表面に小麦粉をつけたら冷蔵庫で30分以上寝かせる
  9. セラミックスのフライパンに油を薄くひいて火をつけたらすぐにハンバーグを入れる
  10. 弱火で片面に焼き色をつけたらひっくり返して蓋をして5〜6分ほど蒸し焼きにする
  11. お好みのソースをかけて完成

まとめ

和風ハンバーグ

今回はおろしポン酢で和風っぽくして頂きました。

割ってみると中から肉汁が溢れだしてきて家でこんなフワフワでジューシーなハンバーグ出来るんだ!?ってほどの出来栄え!

フライパン変えるだけで、とっても料理上手になったような気分です(笑)

今回パッパが買ったのはアイリスオーヤマさんの新セラミックス加工がされてるフライパンセットでしたが、ホームセンターとか行けば多分他にも色々なメーカーが出してると思います。

京セラさんのフライパンと迷ったのだけど、値段的にアイリスオーヤマさんのほうが安かったのが決め手。

京セラ・・・1枚平均3000円前後(大きさによって変動)

アイリスオーヤマ・・・3枚セットで7500円

あとは耐久度がどれほどもつのか?これはしばらく使ってみてから報告させていただきます。

スポンサーリンク
Instagram
Instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です