タニカのヨーグルティアでヤクルトR1ヨーグルトを作ってみた。

スポンサーリンク

タニカのブログでヤクルトを使ったヨーグルトを作っていたので今回はそれを真似して作ってみました。

材料

牛乳

大山の白バラ牛乳1L

R1ヨーグルト

R1ヨーグルトのドリンクタイプ

ヤクルト

ヤクルト

砂糖 大さじ5杯

ヤクルトヨーグルトを作ってみる。

作り方はとてもシンプル!

500wのレンジに牛乳をパックのまま入れて5分。

容器の消毒に少し水を入れて500wのレンジで1分30秒。

容器から水を捨てて作っていくのだけれど、娘が甘いヨーグルトのほうが好きなので砂糖を大さじ5杯入れるよ。プレーンが良い場合は砂糖無しでもOK!

ヨーグルトより先に牛乳1L全て容器に投入(ヨーグルトを先に入れると容器の熱で菌が多少死ぬみたい)

砂糖が溶けたらR1とヤクルトを入れて全体的に混ざればOK!

ヤクルトを入れることで容器がいっぱいいっぱいになるけど、

全部入りきるので安心して一気にいれちゃおう☆

43℃設定で10時間醗酵して出来上がり!

まとめ

ヤクルトヨーグルト

冷蔵庫で冷やしたものがこちら

ヤクルト1本分ほど水分が増えたせいか10時間醗酵させたわりには緩い仕上がり。

今日また新しく発酵時間を11時間に増やして作成中。

もうちょっと固まってほしいなぁ

味はまさにヤクルトのヨーグルト!

風味や後味がヤクルトなので好みが分かれるかも。

ただでさえ健康的なR1ヨーグルトにシロタ菌を含んだヤクルトをプラス!

とっても腸に良いヨーグルトを毎日食べれるなんてヨーグルティアさんに感謝!

朝晩と1日2回食べて3〜4日くらいで無くなる量。

1Lもあると結構もつねぇ〜

2015年7月14日追加——–

発酵時間を11時間にした所、ヨーグルトがより硬くなりおいしくなった。

ヤクルトの風味はすこし落ちたけど、よりヨーグルトらしく変化

スポンサーリンク
Instagram
Instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です