ダスキンの洗濯用洗剤を使ってみた本当の感想

スポンサーリンク

だんだん暑くなってきて「洗濯物が汗臭い!

そんな時に頼りになるのはやはり洗濯用洗剤の洗浄力!

ってことで、お掃除で有名なダスキンが販売している洗濯用洗剤を使ってみたのでレビューします。

ダスキンの洗濯用洗剤レビュー

形状について

ダスキンの洗濯用洗剤の入れ物も緑の魔女と同じプッシュ型ボトル。

ダスキンの洗濯用洗剤

こんなやつです。

ちなみに後ろにある変な丸い物体が見えますが、あれはG退治用の餌です。

業者が使ってる効果抜群のやつですが、それはまた別のお話し・・・。

緑の魔女と同じで容器を(“´∀`)bグッ!っと押せば洗剤が出てくるタイプです。

このへんは好き嫌い賛美両論ある所ですが、唯一のデメリットを許せるか否か!?

そのデメリットについては後から話しますが、普通の洗濯用ボトルとは形状がかなり違うので初めてはちょっと戸惑うかも?

洗浄力は?

いままで緑の魔女、アリエール、部屋干しトップなど数々の洗剤を試してきましたが、正直このへんどれもあんまり変わりません。

むしろ、ワイドハイターにでも漬け込んだ方が効果が高かったり・・・。

【大容量】ワイドハイターEXパワー 衣料用漂白剤 液体 本体 1000ml

新品価格
¥410から
(2016/5/25 22:53時点)

なので洗浄力だけで決めるならとりあえず安いのでいいんじゃなかろうか。

臭いがどうしても気になるって時にはワイドハイターにでも漬け込んでおけばほぼ取れます。

ニオイは?

洗剤自体のニオイは・・・う~ん、ほぼ気にならないほどの微臭かな~。

パッパ的には無臭に近いけどね~。

柔軟剤の邪魔をしないって点では高得点かな。

使って良かったメリットは?

これはやはり形状かな。

プッシュ型ってなれると結構使いやすいんだよね~。

フタを開けたら後は片手でグッと洗剤を押し出してそのまま洗濯機の中にINできるので、まるでスマホでも扱うかの如くスムーズな流れで洗濯ができます。

緑の魔女とかはボトルが柔らかすぎて洗剤が出すぎる!なんてこともあったけれど、ダスキンのは硬めなので洗剤が出すぎるってことが起きないのがGOOD!

ちょっと微妙なデメリットは?

これもやはり形状かな。

メリットがあった分デメリットもあって、容器が硬めって事はそれだけ握力がいるので握力少ないとちょっときついかも。

腕力が一般より少なめなうちの嫁でも普通に使えてるから誰でも使えるとは思うけどね。

後は洗剤が少なくなって一番最後のもうひと搾りってのが出来ないのが最大のデメリット。

そこさえもうちょっと改良してくれたらなぁっと嫁と愚痴ってました;

まとめ

メリットデメリット共にありましたが、この形状は慣れれば力強い味方になってくれます。

普通の洗剤だとフタに洗剤入れるから「こぼれた!」とか「入れすぎた!」何て事が起こるけど、ダスキンのは容器がしっかりしてるし入れる時の調整が非常にしやすい!

零れる事も入れすぎる事も起きにくい構造なので子供が足元ちょろちょろしてる時でも安心して洗剤を入れる事が出来ます!

いままで洗剤とは違う構造なのでそこがフィットすれば毎日のお洗濯が楽になるかも♪

スポンサーリンク
Instagram
Instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です