フランスの家庭料理「ブルギニョン」のレシピ

スポンサーリンク

今回作ったのはフランスの家庭料理「ブルギニョン」なるもの

簡単に言うなら赤ワイン煮込みってことなんだけど、

ただ煮込むだけじゃなく

赤ワインでお肉を漬けてから煮込むって工程が初だね☆

普通は牛肉とかで作るんだろうけど、

今回は安くてお肉が量産出来る鶏もも肉で作ってみるよー

ブルギニョンの材料

  • 鶏もも肉(もしくは牛肉のブロック)
  • 玉ねぎ
  • 人参
  • ピーマン
  • 赤ワイン
  • ドミグラスソース
  • コンソメ
  • オリーブオイル
  • バター
  • クレイジーソルト
  • いちごジャム
  • ハチミツ

ブルギニョンの作り方

鶏肉の下準備

鶏肉を赤ワインに漬ける

一口大に切った鶏肉を赤ワインに漬けるよー

この時ちょっと大きめに切ったほうが

出来上がりの時の歯ごたえが良くなるよ!

一晩ほど寝かせればいいみたい。

でも、今回は前日の夜に仕込んで昼から作り始めたので、

なんやかんやで20時間ほど寝かせることに!

具材を炒める

玉ねぎ、人参、ピーマンを入れる

鍋にオリーブオイル・バター・玉ねぎ・人参・ピーマンを入れて炒めるよ!

煮込む工程もあるし、

ここではあまり火を通すとか考えなくてもいいかもねー

多分玉ねぎをバターで炒めて甘みを出そう的な工程だと思うの

鶏肉を入れる

赤ワインを吸って色が赤紫になった鶏肉を放り込むよ!

かなり赤ワインの香りが漂ってるねぇ〜

味を整える

甘みと風味づけにいちごジャムとハチミツを加えるよ〜

こりゃまた豪勢な甘味料だわ

煮込む

赤ワインを入れる

コンソメと赤ワインを入れてアルコール飛ばすよー

肉にも赤ワインが染み込んでるから

めっちゃ煮込んでアルコールを完全に飛ばそう!

圧力をかける

圧力鍋の蓋を閉めて

弱火で10分ほど圧力かけていくよ!

鶏肉に圧力ってあんまり効果無いし、

牛肉ブロックじゃないからこの工程いらないかも・・・

もしくは骨付き肉とかならまだ効果あるかなぁ

仕上げる

クレイジーソルトで味付ける

最後にクレイジーソルトで味を整えて完成だよー

まとめ

ブルギニョン

食べてみた感じ、

赤ワインの香りが鶏肉に染みこんでて好みが分かれそう!?

スープとか赤ワインがメインのはずなんだけど、

赤ワインの香りは無くなってバターとコンソメ系が強いね☆

癖のある味ではあるけど、

海外の味!みたいで結構おもしろいよ♪

ちょっと変わった料理にチャレンジしたい!って時に作れるお手軽料理としてオススメです☆

スポンサーリンク
Instagram
Instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です