夏のスタミナ茄子酢豚レシピ

スポンサーリンク

久しぶり岡山に台風が上陸しました。

夕方くらいには雨風が収まってたのでもう通り過ぎたのかな?

いよいよ明日から夏っぽくなっていくんだろうなぁ〜

今回はそんな暑さに負けないように茄子を使って酢豚を作ってみることに!

茄子の栄養素について

茄子

茄子と言えば「栄養がない」なんて言われてる夏野菜ですが、本当に無いのでしょうか?

調べてみた所、低たんぱく・低カロリーで栄養価はあまり高くないようです。

主成分としては、ビタミンA、B1、B2、C、カルシウム、鉄が少量含まれている程度。

しかし、紫色の野菜特有のアントシアニン(ブルーベリーなんかに含まれている眼に良いとされる成分)が豊富で抗酸化作用・ガン予防にも効果あり!

コレステロールの吸収を抑える作用もあるようです。

カリウム(高血圧やむくみ解消してくれる栄養素)もそこそこ豊富かな。

体を冷やしてくれる効果が夏野菜の中でも強く、口内炎などの炎症の熱をとったり、のぼせるのを防いでくれたりします。

「秋茄子は嫁に食わすな」っと言う言葉もここから来ているという説があり、「美味しいから嫁に食わすのは勿体ない」っという説以外にも「嫁の体を思えばこそ、冷やさないように食べさせたくない」っと言う説も・・・。

後者のほうが理由的には良いですね☆

旬は7月から9月で、茄子を食べると食あたり、のぼせ、歯痛、口内炎、しもやけ、イボ、がん、高血圧、動脈硬化、眼精疲労などの緩和に効果あり。

焼いて良し!煮て良し!炒めて良し!と食材としては結構なんにでも使える万能野菜です♪

油を吸わせるとトロトロとした食感になるので一度素揚げしてから使ったほうが美味しく頂けます。

茄子を使って酢豚を作る

材料

  • 豚バラブロック
  • 茄子
  • ピーマン
  • 玉ねぎ
  • 人参
  • ニンニクチューブ
  • 砂糖
  • 醤油
  • ごま油
  • 塩胡椒
  • 水溶き片栗粉

作り方

  1. 豚バラブロック、各種野菜を一口大に切る
  2. 豚肉には塩コショウをしておく
  3. 茄子は耐熱皿に並べて油をたっぷりかけたらレンチン(500wで3分ほど)
  4. フライパンに油を引いてニンニクチューブ、玉ねぎ、人参を炒める
  5. 玉ねぎ・人参に火が通ったらピーマン、豚肉を入れて炒める
  6. 豚肉が焼けたら茄子と酒を入れて炒める
  7. アルコールが飛んだら砂糖、酢、醤油を入れて一煮立ちさせる
  8. 水溶き片栗粉でとろみをつけて完成

まとめ

酢豚

シャキシャキの玉ねぎの食感が残ってて、大きくきった豚肉との相性が最高!

砂糖の甘みと酢の酸味が食欲をそそりますねぇ〜♪

製作時間的には30分ほど。

仕事終わって帰ってから作り始める料理としてはまずまずの時間かな。

根野菜である玉ねぎ・人参もレンチンすればもうちょっと時短できたかも。

あんかけ系統はめんどくさいイメージがあるけれど、野菜炒めに水溶き片栗粉入れるだけなのでバリエーション増やしたい時期にはオススメです♪

スポンサーリンク
Instagram
Instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です