安納芋を鍋に入れて焼き芋が出来るか試してみた結果

スポンサーリンク

明けましておめでとうございます。

焼き芋大好きパッパです。

今回は鍋で焼き芋を作ってみたいと思います。

過去にもレンジで焼き芋を作る方法やノンフライヤーで焼き芋を作ってみたりなど、いろいろと試しました。

今回はそんな中でも最高傑作が出来たので作り方などを公開したいと思います。

鍋焼き芋の作り方

材料

安納芋

作り方

  1. 水を少し入れた無加水鍋で30分蒸す

簡単すぎて書く事ほとんど無かったですねw

実際に鍋焼き芋を作ってみる。

今回使用する鍋はジオのステンレスフライパンです。

クッキングシートの下に50mlほど水を入れています。

ほかにも野菜やらなんやら入ってますが、これは夕飯用の温野菜もついでに蒸してるだけです。

メインの安納芋は洗ったら丸ごと放り込みました。

あとは蓋をして無加水状態で蒸すだけ!

こちらが30分ほど弱火で蒸した物です。

見た目は焼き芋っぽいような・・・。

焼き芋の断面図!

かなり蜜が出て黄色くなってますねぇ。

鍋焼き芋の味は?

30分と言う短い時間だったので火が通っているのかどうか不安です・・・。

おそるおそる口に運んでみると・・・。

こ・・・これは!柔らかい!

ちゃんと火が通ってました!

ってそこじゃないですね。

焼いていないので焼き芋ではないですが、かなり近い物に仕上がりました。

お芋を歯で噛んだ瞬間にお芋の柔らかさに包み込まれ、口の中でとろけていきます。

とろけていく中でお芋の甘味がどんどん出てきて野菜と言うより最早スイーツの域。

ちなみに出来立てアツアツの状態より、少し冷ました方がより甘味が強くなります。

鍋焼き芋をオススメする理由

焼き芋を作るのであればオーブンでじっくり焼いた物が一番おいしく仕上がります。

しかし、オーブンで1時間、2時間焼いたのに中が生焼けだったりするとがっかりしますよね?

思ったよりトロトロにならないなんてこともザラ・・・。

電気代もバカにならないんですよ。

レンジで作ると簡単にトロトロには出来るけれど、甘味を引き出すにはまだ不十分。

レンジと言えど600Wで20分くらいはかかりますしねぇ。

その点、無加水鍋なら300Wで30分と言うもっともコスパが高く甘い焼き芋を作る事が出来るのです!

レンジと違って複数のお芋も同時に作る事が出来るので「安い・早い・うまい」を実現!

おうちで手軽に焼き芋を作りたい!そんな時には無加水鍋での焼き芋ぜひとも試してみてください。

今回使用した鍋はジオのソテーパン。

ジオ ソテ-パン 25cm GEO-25ST

新品価格
¥9,770から
(2017/1/3 00:01時点)

軽量であるものの無加水調理ができるステンレス製のフライパンです。

熱の伝導率が悪いので一度熱したら余熱調理も可能。

30分芋を蒸した後も余熱で熱を加え続ければより甘味を引き出す事も出来るかも!

スポンサーリンク
Instagram
Instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です