思い付きで鳥釜飯出汁漬けを作ってみた結果

スポンサーリンク

夕飯のメニューに毎日頭を悩ませているパッパです。

今回は釜飯作りに挑戦します!

クックパッドにも作り方があまり無かったので感だけで作っていきますよー。

鳥釜飯のレシピ

材料

  • 白米
  • 鶏もも肉(骨つき)
  • ニンジン
  • サツマイモ
  • シイタケ
  • 醤油
  • みりん
  • つゆだし

作り方

  1. 鶏もも肉を骨から外し、野菜は全て一口サイズに切る
  2. 鍋に醤油30ml、みりん50ml、酒50ml、つゆだし50ml、水520ml、白米3合を入れる。
  3. (1)で切った具材を(2)の鍋に入れ、1時間ほど付け置く
  4. 鳥の骨をたっぷりの水で茹でて鳥の出汁をとる。(灰汁も綺麗にとる)
  5. (3)の鍋を火にかける(沸騰するまで強火、吹きこぼれたら弱火にして12分、蒸らし12分で完成)
  6. お米が炊き上がったら(4)で作った出汁を食べる前にかけて完成!

実際に作ってみる。

シイタケ、サツマイモ、ニンジンを一口大に切っていきます。

根野菜は火が通りにくそうなのでなるべく細かくしておこう。

ざっくりと野菜が切り終わりました。

骨つきの鶏もも肉から肉の部分だけを取り除いたものがこちら

これもなるべく小さく切っておきます。

同時に骨は煮込んで出汁をとっていきます。

結構アクが出るので綺麗なだし汁にするため小まめにアクを取り除きます。

520mlの水に白米3合を入れて、醤油30ml、みりん50ml、つゆだし50ml、酒50mlを入れてか~ら~の~

具材ドーン!

う~ん、これは鍋が小さいなぁ。

米2合にしたほうが良かったかもしれん・・・。

米を炊くこと24分・・・。

よっし!完成した!

こんな感じになってれば成功だったのになぁ;

残念ながら水分が少なすぎるため肉と野菜が生焼けでした;;

応急処置として鳥のだし汁を鍋に入れて再度5分ほど煮込んだものが上の画像となります。

見た目は炊き込みっぽい感じになってるけど、だし汁を入れた事によりちょっと雑炊チック。

野菜と肉にも火は通ったので結果オーライかな?w

鳥釜飯雑炊の感想

味は抜群で触感も炊き込みより柔らかめの出来になったので、これはこれで良かったかも。

普通の雑炊にちょっと飽きたし、変わった雑炊が作りたいなぁって時にはオススメです。

油も使ってないし、野菜や鶏肉の旨味がお米に吸収されてるのであっさりと美味しい雑炊を食べる事が出来ます。

ただ・・・、お米を2合にして鳥のだし汁は後からかけるタイプにした方がもっと美味しくいただけたかも。

もしくは野菜と肉だけは先に火を通してしまうとかね。

今回は生焼けだったため思った物とは違う形になりましたが、後から修正出来て美味しくは仕上がったので良しと言う事にしておきましょうかね♪

スポンサーリンク
Instagram
Instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です