焦げ付きにくいフライパンのおすすめ3選

スポンサーリンク

テフロン加工

焦げ付きにくいフライパンで定番なのが、テフロン加工です。

テフロンはフッ素樹脂の一種であり、焦げ付きにくい素材としておすすめです。

価格も安く、スーパーやホームセンターなどで、手軽に購入することができます。

テフロンのデメリットは、傷つきやすく剥がれやすいので、あまり長持ちはしないことです。

長持ちをさせるためには、柔らかいスポンジを使って傷を付けないように優しく洗い、高温に弱いので、料理の際には中火以下にしましょう。

パール金属 フライパン 26cm IH対応 フッ素加工 フォア H-1860

新品価格
¥648から
(2018/3/6 22:58時点)

チタン加工

コーティングが長持ちするフライパンを探している人には、チタン加工がおすすめです。

チタンは、熱伝導率が低く熱が逃げにくいため保温性に優れています。

フライパンで調理したあと、火を止めてからも冷めにくいのがメリットです。

また、鉄のフライパンに比べ重さが約半分と軽量で、かつ丈夫で傷つきにくいのが特徴です。

保温効果はありますが、熱が通りにくいため、中華料理のような強火で一気に仕上げる料理には向いていません。

ゆっくりと弱火で焼くような肉料理などに良いでしょう。

ティファール フライパン 27cm ガス火専用 「 グランブルー プレミア フライパン 」 チタン プレミア 5層コーティング D55106 取っ手つき T-fal 【IH非対応】

新品価格
¥2,278から
(2018/3/6 22:58時点)

ダイヤモンドコート加工

剥がれにくいコーティングのフライパンには、ダイヤモンドコートのフライパンがおすすめです。

硬度の高い粒子の人工ダイヤモンドを従来のフッ素加工に混ぜ合わせ、より耐久性の高い素材になっています。

摩擦に強く剥がれにくいので、フッ素加工のフライパンを長く使い続けられるのが特徴です。

注意点は、完全にコーティングが剥がれないというわけではないので、他のフッ素加工と同様、金属製のフライ返しなどは使わない方が良いということです。

また、温度が高すぎると有毒ガスを発生する可能性がありますが、250度までの通常の調理には問題はありません。しかし、空焚きをしてしまうと長持ちしにくくなるので気を付けましょう。

パール金属 フライパン 26cm IH対応 ライズ ブルーダイヤモンドコート HB-317

新品価格
¥1,454から
(2018/3/6 22:59時点)

スポンサーリンク
Instagram
Instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です