煮るだけで出来るハツ入り簡単レバニラレシピ

スポンサーリンク

疲労溜まってませんか?

朝起きて体がダルい、腰が痛い

パッパはまさに今そんな感じです;

一週間の疲れで迎える週末にがっつりスタミナつけちゃいましょう☆

スタミナUPに筋肉疲労回復に選んだ今回の一品はレバニラだ!

レバーにはミネラル、タンパク質、鉄分、ビタミンが大量に含まれているため疲労回復には効果的!

さらにニラに含まれるビタミンB1、アリシンも疲労回復に役立ち、

そこにプラスでおなじみのニンニクを入れれば疲れもふっとんじゃう!

多少作り方に手間はかかるものの疲れた体に栄養を補給するため重い体を起こしてクッキングするよー

材料

  • レバー(今回は鳥レバーを使用)
  • ハツ
  • ニラ
  • ニンニク
  • 醤油
  • みりん

作り方

レバーの血抜き

レバーの血抜きをするわけだけど、これしないとどうなるか知ってる?

大変血なまぐさい風味のレバニラになるんよねー

初めてレバニラを作った時に血抜きを忘れて「うわ!なんだこれ!?」みたいな感じで失敗した経験があるため血抜きだけは厳重にしたほうが良いですよー

やり方としては簡単なもんで、

  1. レバー(ハツ)を一口大に切る
  2. たっぷりの水の中に入れる
  3. 数回揉むと水が赤くなるので捨てる
  4. 1に戻る

3回くらい繰り返したら十分食べれるレベルくらいには血は抜けるので、これで下準備完了!

肉臭さが嫌って人は最後の1セットだけでも酒で血抜きするといいよー

鍋にニンニクを入れる

適当な鍋にニンニクを入れて

レバーと調味料を入れる

レバー・ハツ・醤油・みりんを投入!

みりんと醤油はみりん1もしくは1.5:醤油1くらいの割合かな

量は好みでOK

じゃあ、火を通していくよー

このときにアクとか出るけど、まあほっといてますw

一般的には苦味とかえぐ味とかの原因になったりするのでアク抜きしてください的なこと書いているけど、

今回はこのアクをそのまま煮込んでタレと同化させることによって、いい感じの風味のタレになるのです。

ニラを入れる

最後にニラを入れたら完成!

出来ることなら夕飯の2時間前には作っておいて一回冷ましてから再度温めるとニラがより一層美味しくなってGOOD!

感想

血抜きに手間はかかるものの、ほぼ煮込むだけで完成するのでちゃちゃっと出来てお手軽です。

味はみりんのお陰で甘めの仕上がり♪

何が美味しいってニラが抜群に美味しくなります!

もうニラだけでご飯何杯でもいける!ってほどにw

今回はレバニラを甘酒で食べて体力回復に努めました。

甘酒は飲む点滴って言われるほどの栄養素を持っているので今日は栄養素祭りじゃー☆

昼ごはんとして食べて、お昼寝したら体のダルさが大半とれた!?

レバニラの効果なのか昼寝の効果なのかプラシーボ効果なのかは分からないけれど、これで明日からまたがんばれるぞ!

スポンサーリンク
Instagram
Instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です