黄ニラを使った中華風かた焼きそばのレシピ

スポンサーリンク

今回はたまたまスーパーに黄ニラが売ってたので、

黄ニラを使った料理を作っていこうと思うよ!

岡山に30年住んでて黄ニラなんて初めてみたけど、

岡山の特産物らしいねー

日光を遮って光合成させずに育てると黄ニラになるんだとか!

栄養素に「アホエン」とか言うのがあって、

脳の老化を抑えたり、

記憶力の向上させる効果があるらしい・・・

その栄養素も100℃以上で加熱すると消滅しちゃうらしいから

なるべく生に近い状態で食べないといけなかったのだけど、

作った後に知った情報だったので思いっきり加熱しちゃったわ;

そんな黄ニラを使って「中華風堅焼きそば」を作ってみるよ!

中華風かた焼きそばの材料

  • 中華そば
  • 豚バラ肉
  • カニカマ
  • 玉ねぎ
  • 人参
  • 黄ニラ
  • 舞茸
  • 鶏ガラスープの元
  • みりん
  • 醤油
  • 水溶き片栗粉

中華風かた焼きそばの材料

具材を炒める

玉ねぎと人参を炒める

サラダ油を引いたフライパンに、

玉ねぎ・人参を入れてしっかりと炒めるよー

パッパは火にかけながら4種類くらい同時に別々の料理作ってるので火力ちょっと低め設定で炒めています。

普通に作るときは中火や強火でも問題ないよー

中華料理的には人参だけ油で揚げて、

玉ねぎはシャキシャキ感だすために手早く強火で炒めてから

揚げた人参を後半になって入れるんだけど、

家庭で作る時はめんどくさいので一緒に炒めるよ☆

火さえ通ってりゃ問題ねぇ!

舞茸を炒める

適当に細かく切った舞茸を入れるよー

椎茸とかでも美味しいと思うのだけど、

今回は嫁の希望により舞茸になりました☆

黄ニラを炒める

黄ニラ投入!

これは失敗したなぁ・・・

黄ニラって生で食べても甘くて柔らかく、

ニラ臭さもない食材なので盛り付け程度に最後に入れるべきだった;

ニラが嫌いな娘がまったく気にならないほどに柔らかくて臭みが無い食材だったね

普通のニラとかだとすぐさま吐き出しちゃうんだけど、

黄ニラはバクバク食べてたし☆

豚バラ肉を入れる

細かく切った豚バラ肉を入れるよ!

普通は塩胡椒して全体に豚肉になじませてからフライパンに入れるのだけど、

パッパは時短のためにフライパンに肉を入れてから塩胡椒してるよ☆

それでも結構ちゃんと味つくんよねー♪

調味料を入れる

豚肉にもある程度火が通ったら、

水・鶏ガラスープの元・酒を入れてアルコールを強火で飛ばすよ!

醤油とみりんを入れる

アルコールが飛んだら醤油とみりんとカニカマを入れて、

まぜたら水溶き片栗粉いれたら中華あんの完成!

調味料の分量的に大さじ1.5くらいかな

材料によっても変わるけど、

あんにする場合は濃い目に味付けしたほうが合うよ☆

中華風かた焼きそば完成

完成

麺はノンフライヤー210℃で5分焼いた物

アッツアツのあんをかけて完成だ!

まとめ

さすがノンフライヤーは表面カリカリにするのに強いわぁ

パリッパリになった麺にあんがかかってヘルシーなかた焼きそばになったよ☆

食感的にはベビースターくらいの硬さかな〜

それでいて中からは柔らかい麺が出てきて、

パリパリとモチモチのハーモニー♪

あんにエビとかイカとか入れても良かったかもねー

30分もあれば出来るのでお手軽料理的な感じになるのかな?

スポンサーリンク
Instagram
Instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です