4つの材料で簡単!ラングドシャのレシピ

スポンサーリンク

お菓子作りをしてみたい!っと思ってもグラムを正確に測らないと作れないんでしょ?

そもそも、一般家庭に測りなんて置いてない!

お菓子作りって工程が多かったり重さを正確に測らないといけなかったりで面倒ってイメージありませんか?

今回はそんな面倒を全て解消してくれる超簡単なお菓子の作り方を教えちゃいます♪

その名も・・・

「醗酵バターのラングドシャ」

お菓子作り初めての初心者でも絶対に失敗することがない!

しかも、ケーキ屋で売っているかのような味が再現できるのがこのラングドシャのポイントです。

材料も作り方もとてもシンプルなのでぜひ挑戦してみてください。

ラングドシャのレシピ

材料

  • 醗酵バター 100g
  • 砂糖 大さじ5杯
  • 卵黄 1個
  • 薄力粉 200gの軽量カップ1杯

ここでポイント!

スーパーに100gピッタリ入った醗酵バターが売っているのでそれを使うと重さを測る必要がありません。

軽量カップが無い場合は家庭にあるマグカップで代用可能。

マグカップ8割くらいが大体200gになります。

作り方。

1.ボールにバターを入れて500wで20秒ほどレンチンする。

2.温まったバターをシャモジで混ぜ混ぜして熱を均等にする。

3.砂糖を入れ混ぜる。

2016-06-19 10.58.14

4.卵黄を入れて混ぜる。

卵黄を分ける。

卵黄を混ぜる

4.薄力粉を入れる。

薄力粉

100均で買った軽量カップに薄力粉を入れて測定。

ふるいにかける必要すらありません。

5.しぼりに入れる

しぼる

パッパの家にはしぼり器が無いのでビニール袋で代用。

先端にもしぼり用の型を使わずにこのまま生地をしぼっていきます。

6.ラングドシャの型を作る。

ラングドシャの型を作るl。

しぼり器がないのでこの段階ではスライム型っぽくなります。

しかし、焼くと広がるので気にしなくてもOK!

本当はしっかりと間隔をあけた方が良いのだけれど、今回は一回で全部焼きたかったので無理してラングドシャの生地を流し込みました!

さあ!結果はいかに!?

7.オーブンで焼く

170度のオーブンで15分焼きます。

8.ラングドシャを冷ます

ラングドシャ

やはり間隔開けずに生地を入れたせいか周りのやつとくっつきました;

でも大丈夫!

境目をちょっと曲げてやればキレイに割れます。

ベストなのは手間でも2回に分けた方が仕上がりがキレイになりますけどね☆

9.冷めたら完成

ラングドシャ

良い焼き色に仕上がりました♪

まとめ

このラングドシャを作る時のポイントは「醗酵バター」を使う!

それだけです。

醗酵バターの風味がラングドシャのような香りを出してくれますので、こんなに簡単なのに本格的なお菓子が出来上がります。

もし醗酵バターが近くに売ってないって時はこのバターがおすすめ!

よつ葉 パンにおいしい発酵バター 塩分あり 100g

新品価格
¥331から
(2016/6/19 23:17時点)

100gピッタリなのでそのまま使えます。

すっごい甘い香りがするのでこれで作ればパッパが作ったのと同じレベルのおいしいラングドシャになります!

普通のバターでは風味が足りないので作る時は醗酵バターをおすすめします。

スポンサーリンク
Instagram
Instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です