タグ別アーカイブ: イタリアン

牛乳を使ったパスタ「アボカドベーコンのクリームパスタ」の作り方

美容に良いアボカドと甘いホワイトソースを牛乳で伸ばしたクリーミーなパスタを作ってみます。

完成後は冷凍庫で保存して、食べる時にレンチンすればいつでも出来立てのパスタの出来上がり♪

 

アボカドベーコンのクリームパスタのレシピ

材料

  • ベーコン
  • アボカド
  • 玉ねぎ
  • マッシュルーム
  • 白ワイン
  • 牛乳
  • ホワイトソース
  • コンソメキューブ
  • ニンニク
  • 黒コショウ
  • オリーブオイル

作り方

  1. オリーブオイルを熱したフライパンにニンニク、玉ねぎ、マッシュルーム、塩を入れて炒める。
  2. (1)にベーコンを入れて炒める。
  3. 白ワインを入れてアルコールを飛ばす
  4. アボカド、コンソメ、ホワイトソース、牛乳を入れて煮込む
  5. 最後に黒コショウで味にスパイスを入れる。
  6. パスタに絡めて出来上がり。

 

実際に作ってみる。

フライパンにオリーブオイルを入れて熱します。

本物のニンニクがある場合なら熱する前に入れた方が香りが出て良いかも!

チューブの場合は飛び散るので玉ねぎと同時に入れます。

 

フライパンに玉ねぎとニンニクとマッシュルームを入れて炒めます。

玉ねぎは全部スライスにしました(楽なので)

 

玉ねぎがしんなりしてきた所でベーコン投入!

塩忘れてたので、ここで塩も入れときましょう。

 

良い感じに炒めれたらコンソメ、アボカド、白ワインを入れて軽く煮込みます。

 

ホワイトソースは2缶入れるよー。

缶の中にホワイトソースが残るので、お湯入れて溶かして全部使い切ろう。

 

ホワイトソースと牛乳を入れました。

最後に黒コショウを入れて味にアクセントをつけます。

 

あとはこれを小分けタッパーに入れて冷凍して出来上がり!

食べたいときにはソースをレンチンして茹でたパスタを和えるだけ!

忙しい平日にちょっとおしゃれなディナーを手抜きで作れるように下準備OKです♪

 

パスタ系はソースを冷凍にして和えるだけにすれば時間の無い日でもすぐ食べれるのでオススメですよー!

トマトベース!?イタリアン風の絶品にくじゃがレシピ

今回は一風変わった肉じゃがを開発してみました。

肉じゃがのようなポークビーンズのようなやっぱり肉じゃがなレシピの紹介です。

 

肉じゃがにトマト缶を入れた「イタリアン風のトマト肉じゃが

見た目は洋風なのに和風の味がしてちょっとした不思議体験が出来るかも!?

 

イタリアン肉じゃがの作り方

トマト肉じゃが

材料

  • 豚バラ肉
  • 水煮大豆
  • ジャガイモ
  • ニンジン
  • ひらたけ
  • タマネギ
  • オリーブオイル
  • チューブにんにく
  • トマト缶
  • 醤油
  • だしつゆ
  • みりん
  • 砂糖
  • 胡椒

作り方

  1. ジャガイモ、ニンジンの皮を剥き一口サイズに切る
  2. ひらたけはざく切りにする。
  3. ニンジンはくし切りにする
  4. 豚バラ肉に塩コショウをしておく
  5. 鍋にオリーブオイルとニンニク少々を入れて弱火で風味を出しながら炒める。
  6. タマネギ、ニンジンを入れて中火で炒める。
  7. タマネギが透明になってきたら豚バラ肉、ひらたけ、砂糖を入れて炒める。(お好みの甘さで)
  8. ジャガイモ、大豆を入れてひと混ぜしたら水を具材の半分ほど入れる。
  9. つゆだし、酒を入れてニンジンやジャガイモに火が通るまで中弱火で煮込む(ダシ、酒は水の1/6ほど)
  10. みりん、醤油で味をととのえる(みりんは酒と同量、醤油はみりんの3/4ほど)
  11. 最後にトマト缶(カットトマト推奨)を入れてなじませたら完成!

まとめ

味は肉じゃがとポークビーンズの中間くらい。

トマトベースのスープだけれど砂糖とみりんのおかげで甘めの仕上がり。

白米に良く合います!

 

思いつきでトマト缶を肉じゃがに放り込んでみたけど絶品です!

娘も何度もおかわりしてくれたので好きな感じだったようです。

 

糸こんにゃくとかは湯通しがめんどくさかったので入れてませんが、糸こんにゃくとも相性はいいんじゃないかな。

ひらたけとかよりもマッシュルームとかのほうが良かったかなぁっと思ったり・・・。

大豆をえんどう豆とかにしたら色合いも良くなってさらに良いかも

 

トマト肉じゃがはまだまだ開拓のよちがありそうです。