タグ別アーカイブ: コンベクションオーブン

象印のコンベクションオーブン「ET-YA30」でノンフライ海老フライを作ってみた。

前回の記事「フライパン不使用!簡単に肉汁たっぷりふわふわハンバーグを作る方法」で使った象印のコンベクションオーブンでハンバーグがやたらと上手く出来たので、今回はノンフライ海老フライを作ってみました。

 

完成品がこちら。

見た目は海老フライっぽい感じになってます。

作り方もざっと紹介しちゃいますよ~。

 

ノンフライ海老フライの作り方。

たっぷりのオリーブオイルでパン粉を炒めて焦げ目をつけます。

通常の揚げ物だと安いサラダ油を使うのですが、せっかくのノンフライ料理なので健康路線でオリーブオイルを使ってみました。

普段の揚げ物にオリーブオイルなんて勿体なくて使えないけど、パン粉を炒めるくらいなら大した量使わないのでオリーブオイルでも良いかな?って気になりますね☆

 

炒めたパン粉を冷ましたら衣をつけていきます!

小麦粉と塩と卵を混ぜた物を海老に絡ませたら炒めたパン粉をつけて鉄板に乗せます。

下のトレーに網を乗せ、そこに海老を並べていきます。

中くらいサイズのブラックタイガーなら11匹くらい乗りました。

 

さあ、焼いてみましょう!

時間は

  1. グリル(コース14)の250℃で6分。
  2. コンベクション(コース16)の200℃で10分。

ほど焼くと完成らしいです。

 

 

そして完成したものがこちら

パン粉は最初に炒めてあるから見た目は海老フライっぽいですね。

では味はどうでしょう?

 

 

「もぐもぐもぐ・・・・」

 

うん、海老フライじゃないな。

海老フライっぽい何かです!

 

海老はぷりぷりしてめちゃめちゃ美味しいのですが、衣が・・・なんて言うか・・・パンですね;

正直、衣が無い方が良いです。

 

焼き加減は申し分ないのですが、やはり揚げないためかパン粉がフライのような感じにはなりませんでした。

まあ、これはこれで悪くはないですけど・・・、ただ海老フライとして出されたらちょっと疑問です。

 

海老自体はぷりっぷりに仕上がっているので、普通にグリル焼きとかにしたら感動物かも。

 

 

使い終わった後もカバーのおかげかオーブン内に海老臭さは付きませんでした。

カバーから扉から全て丸洗いできるので仮にニオイが付いたとしてもすぐ取れそうだけどね。

 

まあ、海老フライとしては微妙な結果となりましたが、海老のぷりぷり感はすごかったので衣さえもうちょっと工夫すればオイシイ海老フライが作れるかもしれません。

そのへんはもっと研究が必要ですね!

 

 

象印 マルチコンベクションオーブン プライムシルバー ET-YA30-SZ

新品価格
¥13,947から
(2017/2/12 00:17時点)

フライパン不使用!簡単に肉汁たっぷりふわふわハンバーグを作る方法

簡単そうに見えて難しい料理。

それが「ハンバーグ

 

  • 肉汁が出すぎて具がパサパサする。
  • 焼けたと思ったのに生焼けだった。
  • 意外と焼くのに時間がかかる。

そんな悩みの中パッパが得た一つの答えが「コンベクションオーブン」でした。

 

コンベクションオーブンでハンバーグが簡単に作れる理由

ハンバーグの悩みとしても多い「生焼け」と「焼きすぎによる肉汁の出すぎ」っと言う問題。

フライパンで焼いた場合は火加減が難しく、熱の通りが均等にならずに起こってしまう現象です。

 

これを解決してくれるのがオーブンと言う存在。

オーブンは熱を均等に伝える性質を持つため熱ムラが起こりにくくハンバーグを上手に焼くことが出来るのです。
さらにコンベクションオーブンは熱風によって熱の伝わり方をより均等にする事が出来るので、普通のオーブン以上に簡単にハンバーグをジューシーに仕上げる事が可能となります。

 

象印のコンベクションオーブンでハンバーグを焼いてみた。

我が家にあるコンベクションオーブンがこちら。

象印のコンベクションオーブン「ET-YA30」です。

こちらのコンベクションオーブンにはレシピ本がついていて、今回はそのレシピ本の通りの時間で作ってみます。

 

ハンバーグを焼く準備

汚れ防止のためアルミで保護しました。

 

本来のレシピ通りの作り方であれば、「フライパンで表面を焼いてからオーブンに入れる。」っと書いていました。

でも、フライパン使っちゃったらメンドクサイからフライパンで焼けばいいじゃん。って思っちゃいますよね?

パッパは思っちゃいました(笑)

 

ハンバーグをコンベクションオーブンに入れる。

出来れば洗い物も余計な手間もかけたくないので、もうこのまま入れちゃいます!

 

フライパンで焼くのは表面を焼いて肉汁を閉じ込めるのが目的でしょう。

火の通りには影響が無さそうなので生のまま焼いちゃいましょう!

 

  1. グリル設定(14コース)の250度で6分
  2. コンベクションオーブン設定(16コース)の200度で14分

 

設定はたったの2つで完了です。

この間に洗い物とか食器の準備とかしてれば丁度良い時間で焼けますね。

 

ハンバーグの完成

箸でつかんでみると分かるのですが、こやつふわふわです。

持ち上げた瞬間に肉汁が溢れ出るほどにジューシーな仕上がり!

画像では分かりにくいかもしれませんが、生の時と出来上がり状態で大きさがほとんど変わってないんですよね。

 

 

・・・若干に小さくなった?

 

 

そんな程度です。

 

しかし、問題は焼けているかどうか?

見た目は焼けているように見えてもオーブンだけで中までしっかりと焼けているのでしょうか?

 

箸で割ってみました。

ちゃんと火が通ってますね。

 

これよく見てみると火加減が絶妙なんです。

全部に火が通り切ったギリギリの焼き加減とでも言うのでしょうか。

これ以上は焼きすぎ、これ以下は生焼けっていう絶妙な状態でした。

う~む、コンベクションオーブン恐るべし・・・。

 

まとめ

結構大きめにハンバーグを作っていたので火が通るか心配だったのですが、問題なし!

カバーもあるおかげでオーブンの庫内もキレイだし、油ハネが不思議と少なかったです。

おそらく、庫内の熱だけでグリルの火を直に当ててないからだと思われます。

カバー付きの象印だからこそなせる業ですね。

 

  • ハンバーグで失敗したくない人
  • 簡単においしいハンバーグを作りたい人
  • キッチン周りを汚したくない人
  • 洗い物を少なくしたい人

 

にオススメの作り方です。

 

自動調理機能付きで、庫内の広さも食パン4枚分と申し分ない広さを持つ象印のコンベクションオーブン「ET-YA30」

詳しい詳細を知りたい方はこちらからご覧ください。

象印 マルチコンベクションオーブン プライムシルバー ET-YA30-SZ

新品価格
¥14,450から
(2017/2/6 00:38時点)

象印のマルチコンベクションオーブン「ET-YA30」を購入したので感想レビュー

いままで使っていたコンベクションオーブン「ルクック」の調子が悪くなったため、新しいコンベクションオーブンを求めて電気屋に行った結果。

見つけたのが象印のマルチコンベクションオーブン「ET-YA30」!

さっそく開封してみます。

 

保証書と厳重な発泡スチロール、あとは網とかが見えますね。

とりあえず、全部取り出してみましょう。

入ってたのは保証書とレシピ集、網とトレーとトレーカバーですね。

この網とトレーとトレーカバーを使う事でノンフライ料理が作れるようになるようです。

カバーを付ける事で油ハネの汚れからオーブンを守ってくれるのは良いですねぇ。

 

お待ちかねのコンベクションオーブン本体!

蓋を開けるとこんな感じです。

 

買ったばかりなので一回洗うため分解中。

網は一回奥に押し込んで外します。

引っかかりがとれにくくてちょっと苦労したよ;

 

扉を外す時はこのでっぱりを右にスライドさせると外れます。

 

こう、ぐいっとね。

すると左の留め具が外れてそのまま引っ張れば簡単に取れます。

これで扉が汚れても全部水洗いできますね。

 

全部外せました。

全て外しきるまでに要した時間は2分くらいです。

ちょっと網で苦労した分時間かかったかも・・・。

慣れればもっとすんなり取れるようになるのかな。

 

象印のコンベクションオーブン「ET-YA30」を使ってローストチキンを作ってみた。

買ったばかりってすぐ使いたいですよね?

パッパもそんな気持ちでいっぱいだったのでさっそくローストチキンを作ってみました。

 

砂糖と醤油と酒に漬けておいた鶏肉を網を乗せたトレーの上にセットします。

 

油ハネ防止カバーを付けて準備OK!

たぶんこれカバーを付ける事により蒸す役割も持ってるのかも。

 

「ET-YA30」には自動調理機能があって、ローストチキンであればコースを「10」に合わせるだけで自動的に良い感じに焼いてくれるらしいです。

焼き上がりに45分ほどかかるのでしばらく待ってみましょう。

 

 

~45分後~

 

 

45分経過してローストチキンが焼きあがったようです。

 

う~ん、もうちょっと焼き色あったほうが美味しそうに見えるかも。

 

あとは中までしっかりと火が通っているのか?

余熱なしだし、特に鶏肉ブロックって切ってみると中が生焼けの事が多いんだよねぇ~。

その辺不安だわぁ・・・。

 

ど真ん中を切ってみると・・・。

おや?ちゃんと火が通ってますねぇ。

網いっぱいに鶏肉乗せたから本当に火が通るのか不安だったけど、どうやら成功のようです。

 

そしてちょっと気になったのですが、これをご覧ください。

焼く前と焼いた後で鶏肉の大きさがあまり変わってないようにみえます。

通常だと火が通って肉汁が出た鶏肉って目に見えて小さくなるのだけど、

象印の自動調理でやると肉汁を無駄に出さずに、火を完全に通すギリギリのラインに焼いてくれるみたいですね。

焼きあがったチキンのあまりの大きさにちょっとビックリしたよ;

 

せっかくなので白米にキャベツを敷いて鳥マヨ丼として食べる事にしました。

 

象印のコンベクションオーブンで焼いた鶏肉の味は?

出来立てを一切れぱくり!

むむ!なんというジューシーで柔らかい鶏肉!

 

1㎏500円のやっすいブラジル産鶏もも肉だと言うのに信じられないほどフワフワの柔らかいお肉に仕上がりました!

そして肉汁がすごいです!

ちゃんとした火加減で作ると鶏肉ってこんなジューシーになるんですねぇ~。

 

このオーブンを使ってハンバーグを作ると家庭でも簡単に肉汁あふれるジューシーなハンバーグが作れるかも!

 

普通のオーブンが5~6千円で買える時代に1万超えのコンベクションって必要なのか?

っと思われるかもしれませんが、一回使ってみるともう普通のオーブンには戻れない味を出せるのでパッパはこれからもコンベクションを使い続けたいと思います。

 

毎朝の食パンとかも普通のオーブンでは作れないようなカリカリフワフワの仕上がりになったりするので毎日の活力にオイシイごはんは必須ですものね♪

 

象印 マルチコンベクションオーブン プライムシルバー ET-YA30-SZ

新品価格
¥14,310から
(2017/1/30 11:38時点)