タグ別アーカイブ: フライパン

安納芋を鍋に入れて焼き芋が出来るか試してみた結果

明けましておめでとうございます。

焼き芋大好きパッパです。

今回は鍋で焼き芋を作ってみたいと思います。

 

過去にもレンジで焼き芋を作る方法やノンフライヤーで焼き芋を作ってみたりなど、いろいろと試しました。

今回はそんな中でも最高傑作が出来たので作り方などを公開したいと思います。

 

鍋焼き芋の作り方

材料

安納芋

 

作り方

  1. 水を少し入れた無加水鍋で30分蒸す

 

簡単すぎて書く事ほとんど無かったですねw

 

実際に鍋焼き芋を作ってみる。

今回使用する鍋はジオのステンレスフライパンです。

クッキングシートの下に50mlほど水を入れています。

 

ほかにも野菜やらなんやら入ってますが、これは夕飯用の温野菜もついでに蒸してるだけです。

メインの安納芋は洗ったら丸ごと放り込みました。

あとは蓋をして無加水状態で蒸すだけ!

 

こちらが30分ほど弱火で蒸した物です。

見た目は焼き芋っぽいような・・・。

 

焼き芋の断面図!

かなり蜜が出て黄色くなってますねぇ。

 

鍋焼き芋の味は?

30分と言う短い時間だったので火が通っているのかどうか不安です・・・。

おそるおそる口に運んでみると・・・。

 

こ・・・これは!柔らかい!

ちゃんと火が通ってました!

 

ってそこじゃないですね。

 

焼いていないので焼き芋ではないですが、かなり近い物に仕上がりました。

 

お芋を歯で噛んだ瞬間にお芋の柔らかさに包み込まれ、口の中でとろけていきます。

とろけていく中でお芋の甘味がどんどん出てきて野菜と言うより最早スイーツの域。

 

ちなみに出来立てアツアツの状態より、少し冷ました方がより甘味が強くなります。

 

鍋焼き芋をオススメする理由

焼き芋を作るのであればオーブンでじっくり焼いた物が一番おいしく仕上がります。

しかし、オーブンで1時間、2時間焼いたのに中が生焼けだったりするとがっかりしますよね?

思ったよりトロトロにならないなんてこともザラ・・・。

電気代もバカにならないんですよ。

 

レンジで作ると簡単にトロトロには出来るけれど、甘味を引き出すにはまだ不十分。

レンジと言えど600Wで20分くらいはかかりますしねぇ。

 

その点、無加水鍋なら300Wで30分と言うもっともコスパが高く甘い焼き芋を作る事が出来るのです!

レンジと違って複数のお芋も同時に作る事が出来るので「安い・早い・うまい」を実現!

 

おうちで手軽に焼き芋を作りたい!そんな時には無加水鍋での焼き芋ぜひとも試してみてください。

 

 

 

 

今回使用した鍋はジオのソテーパン。

ジオ ソテ-パン 25cm GEO-25ST

新品価格
¥9,770から
(2017/1/3 00:01時点)

軽量であるものの無加水調理ができるステンレス製のフライパンです。

熱の伝導率が悪いので一度熱したら余熱調理も可能。

30分芋を蒸した後も余熱で熱を加え続ければより甘味を引き出す事も出来るかも!

おすすめのセラミック製フライパン「アイリスオーヤマ セラミックカラーパン」

新しくアイリスオーヤマさんのセラミック製フライパンを購入した結果。

あまりの使いやすさに感動したので今回はフライパンのレビューを書いていきます。

セラミックのフライパンを実際に触ってみた結果。

いままで業務用の鉄の中華鍋、ティファールのダイヤモンドコーティング製フライパン、ジオのステンレス製フライパンなど様々な材質のフライパンを使ってきました。

そんな中、新たな素材であるセラミック製のフライパンの登場!

 

使ってみた感じ、ステンレスとテフロンの中間、熱伝導率はアルミ並といった所でしょうか。

重さはテフロン製のフライパンより少し軽いかな。

表面はかなりツルツルしててすっごい滑りが良い。

外側もツルツルなので、滑りやすいミトンとかで持つと落としやすいかも・・・。(とっかかりがあるんでそこに指かけて持つこと推奨)

セラミックのフライパンを使ってみた結果

セラミックのフライパンでとりあえずハンバーグとか作ってみたけど、火の通りはかなり早いです。

タマネギを飴色に炒めるまでの時間とかは1/3ほどは短縮されたし、ハンバーグ自体も火の通りが早く、すっごいジューシーな仕上がり。

フライパン変えただけでここまで変わるのか!?ってほどのジューシーさを出すことが出来ました。

その時の記事がこちら→セラミックのフライパンでハンバーグを作ってみた。

セラミックのフライパンを焦げつかさずに使うには?

火加減は基本弱火。

フライパンに油入れて弱火にしたらすぐ材料入れるって感じで使ってます。

熱伝導率が高いため予熱は30秒以内と書いてたので、たぶんこれはステンレスの時の短縮バージョンだと思い材料投入を結構早めてます。

 

ステンレス製のフライパンのときに習得したのですが、フライパンの温度が高すぎると焦げ付きやすいってのがあるのです。

フライパンと材料の温度差が高いほど張り付きやすくなるので、一回油を熱してフライパンに膜を作ったら弱火から中弱火に。

そのあと材料を入れたあとすぐ混ぜないってのが大事。

材料の温度が低すぎるので材料入れてすぐ混ぜるとフライパン自体の温度や材料との温度差によって貼り付きやすくなるので、ちょっと全体的に熱気で温めてやると張り付きや焦げ付きの防止になります。

 

上記のステンレス製と同じ理屈でセラミック製のフライパンも温度差によって張り付くんじゃないかと予想。

表面のコーティングを触った感じ、肉とかの元々油を持ってるような素材は油無しでいけそうかな。

玉子焼きとかも作ってみたけど、表面がつるつるしすぎて逆にやりにくいかも。

セラミックのフライパンを使った後処理について

汚れとかは一切付かないし、チーズたっぷり入れたグラタンをセラミックのパンで作ってみたけど、張り付くどころかティッシュで軽く拭くだけでキレイさっぱり汚れがなくなるほど!

張り付かなさすぎるって言うのがメリットでありデメリットでもあるかな。

 

もう一点、すごいのが熱伝導率の高さ!

温まりやすいって言うのもあるけど、逆に冷めやすいって面もある。

調理後とかちょっと隅っこに置いてればすぐ素手で触れるくらい冷めてるので、取っ手っていらないよなぁ的な。

セラミックカラーパン付属の取っ手について

取っ手を出すのがめんどくさいので、パッパは取っ手なしで調理から洗い物までしてます。

材料混ぜるのもツルツルしてるお陰で取っ手使って持たなくてもいいし、すぐ冷めるので取っ手使ってシンクまで持っていなかくても手で持てばいいので、今のところ取っ手に使い道がありません(笑)

正直、取っ手使うことが今の所ないかなぁ〜。

取っ手が無くなったお陰で洗い物も楽だし、食器乾燥器にも入れやすくなったのでメリット部分がかなり大きいですね。

耐久度は未知数!?

あとは耐久度の問題かな。

いまは使い始めて2週間ほどだから何時頃になって張り付き始めるのか。

そこらへんが分かったらまたレビューを増やしたいと思います。

 

現状ではとりあえずデメリットは一切なし。

揚げ物とかも普通に出来るし、見た目もオシャレ!

お値段もそこそこ安くて使いやすい万能フライパンって所かな。

 


【エントリーP10】フライパン セット 9点セット IH対応セラミックカラーパン 9点セット H-CC-SE9 ピンク/オレンジ/レッド/ブラウン アイリスオーヤマ KITCHEN CHEF〔調理用品 キッチン用品 調理器具 鍋〕【RCP】