タグ別アーカイブ: 中華

2歳児のために作る辛くないエビチリを作ろうとしたら酒のつまみが出来た。

子供に合わせてごはんを作るとどうしても似たり寄ったりな感じになっちゃってマンネリ化しちゃうのが難点。

そこで今回はバリエーションを増やすために辛くないエビチリ作りにチャレンジしてみました!

 

辛くないエビチリの作り方

材料

  • ブラックタイガー
  • 玉ねぎ
  • ニンジン
  • しめじ
  • ニンニクチューブ
  • ごま油
  • みりん
  • 醤油
  • 鶏ガラ
  • コショウ
  • 黒酢
  • ケチャップ
  • 味噌

作り方

  1. ブラックタイガーの殻を剥き背ワタをとり、塩コショウをする。
  2. ニンジン、玉ねぎはみじん切りにしておく。
  3. フライパンにごま油・ニンニクチューブを入れて火をかける。
  4. フライパンに玉ねぎ・ニンジン・しめじを入れて火が通るまで炒める。
  5. エビ・酒・黒酢を入れて酒のアルコールが飛ぶまで炒める。
  6. みりん・鶏ガラ・醤油・ケチャップ・味噌を入れて一煮立ちさせたら完成☆

詳細

ブラックタイガー

エビの殻をむく時にパッパの家では尻尾まで全部剥いちゃいます。

だって殻の触感がなんだかちょっと・・・。

殻無いほうが食べやすいですし☆

 

背ワタをつまようじで抜き取ったら一回キッチンペーパーでしっかりと水気をとってあげます。

こうするとエビの臭みがある程度抜けるのでより食べやすさUP♪

後は下味に塩コショウをして下準備完成!

 

野菜を炒める

ごま油とニンニクを入れたフライパンに豪快に野菜を放り込みます!

この時点で中華の良い香り♪

 

エビを入れる

エビ投入!

 

酒を入れる

すかさず酒と黒酢を入れて煮込み体制に入ります。

黒酢は健康のために入れてるので無ければ無いで問題ありません。

最初の段階で黒酢を入れておくとお酢臭さがなくなってまろやかになります。

 

鶏ガラを入れる

鶏ガラスープの素液体版!

珍しかったので興味本位で買った鶏ガラです。

塩麹入りなので調理で使う場合は塩の量注意!

予想以上に「ドバッ」と出やすいので調整に難あり・・・かな?

 

ケチャップと味噌を入れる

鶏ガラ・醤油・みりん・ケチャップ・味噌を入れます。

ケチャップにとても違和感を感じる調味料の組み合わせ;

果たしてうまくいくのだろうか?

 

エビチリ

一煮立ちさせたものがこちら。

見た目はエビチリよりちょっと黒っぽい感じかなぁ。

エビチリってよりハヤシライスのような色になりました。

 

実食!

うん!塩強い(笑)

やはり塩麹入りの鶏ガラの調整を間違えたようです。

素直に普通の鶏ガラを買っておけば良かったかも・・・。

でも、塩麹って健康にいいしなぁ~っとか揺れるこの想い。

 

ちょっと塩気の強いおかげで白米はどんどん進みます。

酒のつまみとかには良いかも。

これにジントニックでもあればもうドリンクが止まらない!

 

パッパはちょっと塩加減間違えたけど、もうちょっとケチャップ多めにして塩を減らせば甘いエビチリになりそうです。

 

おまけ

納豆エビチリ丼

冷蔵庫の中に消費期限が今日までの納豆があったので「納豆エビチリ丼」にしてみました。

いや~、ミスマッチすぎて合わないかなぁっと思ったけど、意外とイケる!?

 

エビチリの味が強いため納豆のニオイや味がかき消されて普通においしく食べれました。

これに卵黄でも乗っかってりゃ1杯500円くらいで食いに行ってもいいレベル。

 

味の濃いものになら納豆は何にでも合いそうだと感じた瞬間でした。

【エビのレシピ】ちょっとイタリアン風?ガーリックエビマヨの作り方

今回はエビマヨに一工夫!

ガーリックとオリーブオイルを使って少しイタリアンっぽいエビマヨに仕上げてみました。

 

エビマヨを作る

エビマヨ

材料

  • ブラックタイガー
  • オリーブオイル
  • ニンニク
  • マヨネーズ
  • ケチャップ
  • ハチミツ

作り方

  1. ブラックタイガーの殻を剥き、背わたをハラワタを取り除きます。
  2. エビを逆反りにして少し伸ばしてやります。
  3. 塩揉みをして臭みを取り除きます。
  4. 小さな器にマヨネーズ大さじ5杯ほど入れます。
  5. マヨネーズにケチャップ少々、ハチミツ大さじ2ほど入れて混ぜあわせます。
  6. フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れて中弱火ほどで炒め香りを出します。
  7. エビを水洗いして塩気を取り除き、水分を切ってからフライパンで炒めます。
  8. エビに火が通ったらエビをマヨネーズの中に入れます。
  9. マヨネーズの中にエビを炒めた時のオリーブオイルを大さじ1ほど入れて全体を和えます。
  10. 器に盛って完成

まとめ

ニンニクとオリーブの香りをエビに移すような感じで中弱火でじっくり焼き上げるのがポイント!

ニンニクの香りが食欲をそそり、甘いマヨネーズなのにご飯が進みます。

 

エビの下処理に多少の手間はかかりますが、エビの臭みをとるためには重要なのでしっかりと下処理を施しましょう。

塩自体は全て洗い流すので安い塩で十分です。

 

普通の油でも良いのですが、オリーブのほうが美容に良いので今回はオリーブで作りました。

疲労回復と美容にも効果的なおいしいエビマヨ、ぜひともお試しください。